【村名の由来】

阿蘇を開いた健磐龍命(たけいわたつのみこと)の御嫡孫である命(みこと)の生誕の地として、そしてその命を山にたとえ、山が生まれた地「産山(うぶやま)」となったと言われています。

村内の伝承では健磐龍命は阿蘇都媛(あそつひめ)を娶った草部(くさかべ)を後にしたあと阿蘇に入るために、祭場(まつりば)、波野(なみの)、産山(うぶやま)の順に各地を通り阿蘇に入ったとも言われています。